TOP >当院での再生医療(PRP・APS療法)について

TOPへ

はじめてご来院の方へ

外来担当医表

お問い合わせ

電話番号042-541-5423

診療時間

夜間・休日救急受け付けております。

場 所

〒196-0021東京都昭島市武蔵野2丁目-7-12

当病院は「協会けんぽ」の指定病院 です。

再生医療(PRP・APS療法)のご案内

APS(Autologous Protein Solution)とは?

血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に凝縮し活性化させたものが、PRP:Platelet-Rich-Plasm(多血小板血漿)です。 PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進する力があり、人の本来持っている治療能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出すことが示唆されています。
APS:Autologous Protein Solution(自己たんぱく質溶液)はPRPを更に分離した次世代PRPとも言われています。

APS治療について

患者様ご自身の血液から作製したAPSを患部に(主な対象疾患は変形性膝関節症)注射する治療です。 APS作製は医療機器として治療に使用すること(安全性)が厚生労働省より認められた医療機器を使用します。患者様ご自身の血液を用いるため、免疫反応の起きる可能性は極めて低いと考えられます。
また、採血と注射のみで終わるため、患者様の体への負担も少なくて済みます。
治療効果や効果の持続期間には個人差があります。

治療の流れ

治療は日帰りで終わります。原則として麻酔は必要ありません。
※治療当日は飲酒や入浴をお控え下さい
APS治療の流れ

予約について

まずお電話にて予約・お問合せ下さい。
予約・お問合せ番号
受付時間:月~金(診療時間内)

費用について

APS療法は、自由診療にてご提供をしております。
そのため、費用については保険適応外となります。
APS・PRPの費用について

トップ